会議や予約状況により、予約終了時間が早くなる事があります。

申し訳ありませんが、時間内にアクセスしても予約が取れない場合は、直接ご来院いただいても診療ができませんのでご了承ください。

順番に遅れた方は、5~10名お待ちいただく事があります。 


この症状って耳鼻咽喉科?内科?

確認メール・お知らせメールを受け取ることが出来るようになりました。 

info@mmcr.jpからのメールを受信可能に設定してください。 

Yahooメールやhotmailは迷惑フォルダに振り分けられることがあります。

インターネットで予約
電話で予約
何でもBlog
世界の子供たちにワクチンを届けよう

当医院では子供たちが遊びながら回収できるボックスを設置しました。どうぞご利用ください。

みみ・はな・のどのお話

よく聞く病名。たとえば、「中耳炎」「扁桃腺」「花粉症」・・・。

でもそれって、本当はどういう病気?そういうこと、よくあるかと思います。
もちろんすぐに診察することが一番いいのですが、「これくらいなら・・・」と思って放置してしまうと、治癒が長引くこともございます。

違った治療方法で悪化させないためにも、ご参考ください。
思い当たる方は、一度診察にいらしてくださいね。

こんな症状、ありませんか?

お子さんの行動に注意してみてください。

「最近、声がおおきくなった様に感じる。」
「聞き返すことが多くなった。」
「テレビのボリュームを大きくするようになった。」

いずれも、滲出性中耳炎の疑いがあります。痛みを伴わない中耳炎なので注意しないと気が付かないことが特徴です。もちろん治療の必要があります。
また、「いびきが大きく、呼吸が一時止まる。」ことがあれば鼻の穴の奥、突き当たりにあるアデノイド(咽頭扁桃)、口の中の口蓋扁桃のチェックも必要になります。

「耳の穴が気になりかゆみが強い」
「耳かきが習慣になって1日数回使用する」
など、外耳炎になっているか悪化する可能性があります。7月から9月の夏期に悪化しますので治療が必要です。

 「耳鳴りがする(キーン、ジー、ザクザクなど)」特に、就寝前に寝付けなく、つらい方はご相談ください。
 いつも「なにかフラフラする」「肩凝りがつらい」など、めまい疾患に関連している可能性がありますので検査が必要です。

「耳あか」は、おまかせください

「耳掃除は、お子さんは2~3ヶ月に1回の受診で結構です。特殊な器具を使って採りますので安全です。大人の方は1~2週間に1度、風呂上がり(耳の穴が湿気ている時)耳の穴の入り口から1~1.5cmを綿棒で拭き取るイメージでOKです。耳掻きで「ガシガシ」は絶対に避けてください。

「1年中、鼻がつまっている」
「鼻の穴が交互につまるような感じがある」
「物の香りがわからない」
「いびきが大きい」
「時々呼吸が止まる」
「鼻みずが喉の奥に流れ痰がよくでる」
「風邪をひいた後から上の歯ぐきから頬にかけての痛み」
「黄色い鼻みず」

いずれも鼻疾患の症状です。検査が必要になります。

 花粉症

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」症状が始まる前からの加療で楽に過ごせます。1月末から2月始めの受診をお勧めします。

「のどが痛い」
「風邪をひいた後から咳が止まらない。」
「喉に異物感がある」
「口臭が強い」「口が乾く」
「物の味がわかりにくい」
「頬粘膜や舌をよく噛む」
「2~3週間、声がかすれている」
「タバコがなかなかやめれない」

いずれも口腔、喉疾患の可能性があります。検査が必要になります。一度診療にお越しください。診療予約方法はこちらから。

診療予約について

みみの病気

急性中耳炎:「強い鼻かみ、鼻すすり」はやめましょう。
  • 急性中耳炎は耳に水が入って起こるのではなく、鼻のバイ菌が原因です。「強い鼻すすり」「強い鼻かみ」「お風呂でのもぐり」すべて中耳炎の切っ掛けになります。
    正しい鼻のかみ方は「片鼻ずつ押さえて、ゆっくりながーくかんでごらん」と指導してくださいね。
  • 急性中耳炎の原因は、鼻の奥にいるバイ菌です。だから、鼻の治療がメインになります。
    しっかり処置を受けて再発しないようにしましょう。
  • 「耳の痛み」は1~2日でおさまります。でも中耳炎が治ったわけではありません。そこから約1週間は加療が必要です。治療が中断すると滲出性中耳炎へ移行するのでさらに通院期間が増えることになります。
滲出性中耳炎:急性中耳炎を放置したり、鼻の治療が中断すると引き続き併発する病気です。

この中耳炎は「耳の痛み」がないのが特徴です。
「聞き返しが多い」「最近、声が大きくなった」「テレビのボリュームをよく上げる」などお子さんの様子にお母様が気を付けていないと見逃されてしまいます。
長期間放置すると難聴になるので注意してください。

突発性難聴:耳鳴り(キーン、ジーなど)、耳閉感は要注意。

「最近ふらつくと思っていたら、急に片耳がつまった」、「朝起きたら、片耳が聞こえない」、「片耳だけつまったようで耳鳴り(キーン、ジーなど)がする」こんな症状が3日以上持続し改善しない場合は早めに受診してください。
聞こえの神経を植木にたとえた場合、しおれている状態です。早く水をやらないと枯れてしまいます。そうすると聴力は戻りません。

めまい:めまいは耳鼻科でも診察いたします。

耳の奥には三半規管、内耳という器官があります。ここが切っ掛けになるめまいのケースがかなりあります。
もちろん眼、頭部、肩などと関連してのこともあります。
最近は漢方薬を治療に取り入れることで良好な結果が出てきました。

補聴器:「大きな声で話すことがストレスになり大変疲れる」

最近、難聴の方と同居されている方からこのような相談を受けます。
本人も「音は聞こえるが相手が何を言っているかわからない」ということで家族内がギクシャク。お互いに言い分があります。
当医院では、しっかりした補聴器専門会社とタイアップすることでご相談をお受けしています。

はなの病気

花粉症:「今年は大丈夫と思ってガマンしていました。」

花粉症はガマンしても良くなりませんよ。花粉症=アレルギー性鼻炎です。アレルギー体質であるため呼吸をして花粉を吸い込むことで発症します。だから、まずマスク。内服、点鼻薬はその次なのがわかっていただけると思います。また、ガマンすることで夜間に鼻閉が持続し「ちくのう症=急性副鼻腔炎」を併発します。サラサラ鼻水がドロドロ鼻水になったら要注意です。

花粉飛散:花粉飛散量の少ない年もあります。偶数年は少なく、奇数年は多いと覚えましょう。ちなみに2009年(H21)は奇数年でしたので飛散量は多く、今年発症の人も多かったと思います。また、約4年に1回、大量飛散になるようです。植物の不思議です。

風邪:「風邪をひいていたのですが、最近、黄色い鼻が出てきて頭も重いんです」

風邪をひくと鼻水が出るもの。
鼻症状の悪化は、夜間の鼻閉の元になり「ちくのう症=急性副鼻腔炎」を併発します。風邪は初期症状のうちに治してしまいましょう。もちろん耳鼻科でも加療いたします。

副鼻腔炎(ふくびくうえん):「鼻の奥に痰のようなものがたまって、鼻がつまる」

「鼻水がのどに流れてくる」「後頭部が重く、朝、洗顔の時に下を向くと頬のあたりが痛い」などの症状は副鼻腔炎の可能性があります。
鼻の処置、ネブライザー加療が必要ですので受診してください。

のどの病気

咽喉頭異常感:「食事はできるがのどに何かしこりのようなものがある感じ」

女性に多い訴えです。
まず喉仏のあたりまで鼻から細いカメラを使って確認します。
「ガンではないか」なんて悩んでいても解決しませんよ。まず受診をお勧めします。

「咳が止まらない」:意外に原因となる疾患が耳鼻科で見つかることがあります。

もちろん内科で胸部のチェックを受けるのも大切です。
アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが咳の原因になることもありますから注意してください。

「声がかすれる」:2~3週間、声のかすれが治らないときは受診をお勧めします。

もちろん、タバコは絶煙(絶縁!)を。「百害あって一利なし」です。喫煙はニコチンの依存症です。立派な病気ですよ。ご協力できるかもしれません。

首や顔にできた腫瘤:耳鼻科でも診察致します。

甲状腺、耳下腺、顎下腺腫瘍など。セカンドオピニオンへの紹介も致します。

睡眠時無呼吸症候群:「横で寝ている夫のいびきが途中で止まる」「お昼前になると眠気に襲われる」

強いいびき、特に10秒以上止まる様なことがあれば検査が必要です。放置すると高血圧などの成人病に移行することもあります。
実際に寝た状態で自宅で検査ができます。ご相談ください。